FC2ブログ

セブン ( 1995 )

セブン
キリスト教の“7つの大罪”になぞらえた猟奇殺人事件を追う2人の刑事の姿を描き、世界的にヒットしたサイコサスペンス。ブラッド・ピットとモーガン・フリーマンのコンビが渋い演技で、刑事としての苦悩や悲劇、人間としての生き方を見せていく。(「DVD NAVIGATOR」データベースより)

観よう観ようと思っていて未見の映画は多々あるけれど、これもその中の一つでした。

やっと観れましたよ。

そんで、ずーーーーーーん、と七つの大罪がのしかかってきちゃいましたよ。
キリスト教に出てくる七つの大罪の、憤怒・嫉妬・高慢・肉欲・怠慢・強欲・大食。
これって、キリスト教のみならず、人間そのものが生きていくうちに犯してしまう罪ですよねぇ。
そして、罪を犯したものが殺されていくんだけど、どれを取ってもこんな殺され方はイヤだ~~って思う猟奇的なものばかり。

感情をぶつけてくるミルズ(ブラピ)と冷静で感情などどこかに置いてきてしまったような犯人ジョン(ケヴィン・スペイシー)のラストの対照的な会話を聞いているうちに、ジョンの指定した「死体」が誰であるのかわかってくるんですよね。
わかってしまうだけに、エンディングまでの時間の流れが痛々しくて観ているのが切なくなってしまう。

赤ちゃんを身ごもったまま殺されてしまった最愛の妻。
そして、抑揚もなく「君に嫉妬した。」と罪を告白するジョン。
「これは罠だ」「お前に自分を撃たせようとしているんだ」と叫ぶ相棒の老刑事。
このシーンのブラピの演技は素晴らしいです。
そして、自分を殺させる事によって七つの大罪を完成させるジョン。
映画前半を占める猟奇的殺人事件の捜査よりも、ラストの数分間の方が生々しく私たちに人間の罪を見せ付けてきます。

いい映画でした。
この作品を今まで観てなかった自分が悔しいと思える位に。

COMMENT : 0
TrackBack : 1

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List

セブン (映画)1996年1月27日 | 上映時間 = 127分| 製作国 = アメリカ| 言語 = 英語| 制作費 = $30,000,000 | 興行収入 = | 前作 = | 次作 = | allcinema_id = 28593| kinejun_id =| amg_id =| imdb_i
2007/03/14(水) 21:39:52 | 映画の缶詰

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking


カテゴリ

映画的雑談 (9)
DRAMAな映画 (30)
SF/FTな世界 (31)
活劇的映画 (9)
サスペンスな映画 (7)
ホラーな映画 (8)
笑える映画 (2)
古き良き時代の映画 (4)
ミュージカルな映画 (1)
ドキュメンタリーな映画 (2)
ビミョーな映画 (16)
なんじゃ、こりゃ…… (3)
ニコ動もあるよ (0)
映画( あ行 ) (12)
映画( か行 ) (8)
映画( さ行 ) (18)
映画( た行 ) (12)
映画( な行 ) (4)
映画( は行 ) (19)
映画( ま行 ) (6)
映画( ら行 ) (7)

現在、インポート後のカテゴリ編集中


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


BlogPeople


リンク

このブログをリンクに追加する


mini game


プロフィール

Ricca*

Author:Ricca*
映画大好き。
最近は、Twitterの方で呟くことが多いです。


検索フォーム


Copyright © Cinam@niac All Rights reserved.
Images by Night on the Planet  Designed by サリイ  |