FC2ブログ

This Archive : 2007年05月

ゲゲゲの鬼太郎(2007)

ゲゲゲの鬼太郎 スタンダード・エディション

  妖怪世界で父親の目玉おやじや妖怪仲間たちに囲まれて暮らす鬼太郎(ウエンツ瑛士)のもとに、ある日、妖怪ポストに投函された手紙が届く。助けを求めたのは小学生の三浦健太。健太が暮らしている団地では、テーマパーク建設のための工事が始まって以来、不気味な妖怪たちが出現し、住民を恐怖と混乱に陥れているというのだ。(シネマトゥディより)


結構前に観に行っていたんですが、何となく記事を書く情熱が生まれず(笑)

面白かった事は面白かったです。
老若男女の有名ドコロを取り揃えての映像ですし。

ただ、脚本がつまらない。
妖怪石に魅入られちゃったお父さんが、何かやらかすのかと思ったら、あっさり逮捕。あっさり死亡。
あの世に会いに行った子供に、

「お父さんは本当に泥棒しちゃったの?」

「お父さんは泥棒しちゃったけど、気がついたら石を持っていたんだよ」

「お父さん、約束のキャッチボール!」

「よぉし、来い!」

妖怪世界の大事な宝でキャッチボールする親子。

石をキャッチしたら、お父さん生き返っちゃった。


こんなんでいいんでしょか。

どんなメッセージが込められているんでしょーか?

(*´ω`)ふふ、さっぱりわけわかめだったわ。


鬼太郎は人間界のヒーローじゃなくて、妖怪やお化けの住む世界の住人なんだから、あまり熱血しすぎてもいけないと思うのですよ。

だから、ちょっと『のへーっ』としたウェンツ鬼太郎でもいいんじゃないかと思うんですわ。

原作と違って、映画では美少年になっちゃうのは「銀河鉄道999」のテツロー然りですよ。


長生きするから、物事をながーーーーい目で見る事が出来るわけで、お稲荷様に油揚げ奉納で万事OKでもいいんじゃないかと思うんですわ。


どうせなら、そういった世界の違う所を見せて欲しかったなぁ。
妖怪世界にも、あんなクラブみたいな場所があって視線固定で踊りだす鬼太郎は、さすがに違和感ありました。

猫娘のダンスは可愛かったけど、あれは「猫娘」じゃなくて「田中麗奈」ちゃんにしか見えなかったし。

妖怪の中では、最後にちょこーっとだけ登場する谷啓さんのモノワスレが良かった。本当に妖怪っぽかった(笑)

「妖怪大戦争」の妖怪達の方がいい味出してましたねー。


COMMENT : 0
TrackBack : 0
CATEGORY : 活劇的映画 | THEME : 邦画 | GENRE : 映画 |

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking


カテゴリ

映画的雑談 (9)
DRAMAな映画 (30)
SF/FTな世界 (31)
活劇的映画 (9)
サスペンスな映画 (7)
ホラーな映画 (8)
笑える映画 (2)
古き良き時代の映画 (4)
ミュージカルな映画 (1)
ドキュメンタリーな映画 (2)
ビミョーな映画 (16)
なんじゃ、こりゃ…… (3)
ニコ動もあるよ (0)
映画( あ行 ) (12)
映画( か行 ) (8)
映画( さ行 ) (18)
映画( た行 ) (12)
映画( な行 ) (4)
映画( は行 ) (19)
映画( ま行 ) (6)
映画( ら行 ) (7)

現在、インポート後のカテゴリ編集中


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


BlogPeople


リンク

このブログをリンクに追加する


mini game


プロフィール

Ricca*

Author:Ricca*
映画大好き。
最近は、Twitterの方で呟くことが多いです。


検索フォーム


Copyright © Cinam@niac All Rights reserved.
Images by Night on the Planet  Designed by サリイ  |