FC2ブログ

This Category : ホラーな映画

ナインスゲート

ナインスゲート デラックス版

監督:ロマン・ポランスキー
出演:ジョニー・デップ / フランク・ランジェラ / エマニュエル・セニエ

ジョニー・デップの精気抜き取られちゃうよなムフフなシーンが2度も楽しめる美味しい作品。
2回とも、ジョニーが下でしたねw
魔女はリードするのがお好き。(・∀・)ニヤニヤ

ジョニデ演ずるコルソの危機に文字通り”飛んで”現れる謎の美女エマニュエル・セニエは監督の奥さんなんですねー。

生え際に白髪が混じり始めの、ちょっとくたびれた男を演じたジョニデ。
眼鏡かけた彼に萌えまくりでした(*´ω`*)エヘー

開かれたナインスゲートに向かって歩くジョニデの姿で作品は終わる。
その風景は、かの書物に描かれる挿絵のようで。

すべては悪魔のシナリオ通り、と言うわけなのだろうか。

前半部分、古本屋の主人が殺害されているのを発見するあたりまでは面白かったけれど、それ以降はそれほど緊迫した感じも伝わってこなかったのが残念。謎解きの面白さがなかったからかもしれない。

ジョニデが出ているにも関わらず、「もう一回観る?」と言われたらちょっと返事に渋るようなそんな感じ。



ナインスゲート@映画生活
COMMENT : 2
TrackBack : 2
CATEGORY : ホラーな映画 | THEME : ジョニー・デップ | GENRE : 映画 |

コンスタンティン

コンスタンティン

9/2発売・レンタル
2005年 米・独 121分+特典 2980円
監督:フランシス・ローレン
原案・脚本:ケビン・ブロドビン
出演:キアヌ・リーブス / レイチェル・ワイズ / ティルダ・スウィントン

原作はアメリカで人気のDCコミックス「ヘルブレイザー
「マトリックス」に続いて異なった世界を行き来する救世主的な役のキアヌだけれど、今回はちょっとダーティな感じ。
何せこの主人公、人間界に住むハーフ・ブリード(悪魔や天使が宿った人間)が見える力を持ったばかりに自殺を図った過去があるせいか他人も自分にも超クール。
エクソシスト稼業で悪魔をやっつける事も、自殺を図った自分が天国へ行くための点数稼ぎ。
しかも、ヘビースモーカーが祟って末期肺ガンに冒されてたりもする。余命はわずか1年で、吐血なんかもしちゃうすごいヒーローなのダ。

【ミドコロ】
この映画が初監督作品になるフランシス・ローレンはミュージック・ビデオ界の異才。
地獄の風景や天使の姿、次々に現れる鮮烈なビジュアルに圧倒されそう。
コンスタンティンが悪魔祓いに使う道具も十字架を改造したショットガン(ジャケット写真でキアヌが持っているやつ)、ドラゴンの息、モーセのマントなどなど小道具にも注目。
天国への門が開かれた時に、悪魔に中指立てて、してやったりな笑顔のコンスタンティンが可愛いと思う私なのですw

「クソッたれ!」と悪魔に向かって悪口雑言の青白いヒーロー。
続編、出るといいなぁ。

二つの世界を結ぶエージェントと言う事で、マトリックスと似た感じと思われる方も多いと思いますが、断然、こっちのキアヌの方がかっこイイですよ~♪

COMMENT : 2
TrackBack : 1
CATEGORY : ホラーな映画 | THEME : 洋画 | GENRE : 映画 |

嗤う伊右衛門

嗤う伊右衛門
嗤う伊右衛門
posted with amazlet at 05.05.27
角川エンタテインメント (2004/07/23)
売り上げランキング: 14,701
通常4日間以内に発送

TVで流れていたアイシスのCMを観ていたら、
「あぁ、そう言えば嗤う伊右衛門の記事書くの忘れてたなぁ。」と思い出し真夜中にブログを書いている次第。

私、原作が好きなんですよ、この作品。
京極夏彦原作の『嗤う伊右衛門
読んでいて、風を感じるんだよね。
川面を渡る夜風だったり、花を散らす静かな風だったり。
いろんな風。
ラストで二人を昇華させていくシーンでも、その風を感じた。

岩の描写でも伊右衛門の描写でも強く伝わる凛とした感じを、映画でどう表現するのか期待と不安があったわけですが。
四谷怪談を知っている者にとっては、伊右衛門も岩も斬新な解釈で描かれているし。

映像観る前から思ってはいたのですが、唐沢寿明の伊右衛門はどうもイメージと合わない。
頬がふっくらして目が大きいので、どうもいいとこの坊ちゃんに見えてしまう。
(TVの『http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0001KNIB2/vivace04-22白い巨塔』でも、どうも財前教授のイメージとは重ならなかった)
私としては、浅野忠信さんみたいなイメージで原作を読んでいたのでギャップが尚更大きかったかもしれない。


小説のラストシーンも上手く表現出来ていなかった。
いくらタイトルが『嗤う伊右衛門』だからと言って笑いすぎです。


映画では、風は感じられませんでした。
残念。


小雪は綺麗だったけど。


COMMENT : 0
TrackBack : 0
CATEGORY : ホラーな映画 |

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking


カテゴリ

映画的雑談 (9)
DRAMAな映画 (30)
SF/FTな世界 (31)
活劇的映画 (9)
サスペンスな映画 (7)
ホラーな映画 (8)
笑える映画 (2)
古き良き時代の映画 (4)
ミュージカルな映画 (1)
ドキュメンタリーな映画 (2)
ビミョーな映画 (16)
なんじゃ、こりゃ…… (3)
ニコ動もあるよ (0)
映画( あ行 ) (12)
映画( か行 ) (8)
映画( さ行 ) (18)
映画( た行 ) (12)
映画( な行 ) (4)
映画( は行 ) (19)
映画( ま行 ) (6)
映画( ら行 ) (7)

現在、インポート後のカテゴリ編集中


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


BlogPeople


リンク

このブログをリンクに追加する


mini game


プロフィール

Ricca*

Author:Ricca*
映画大好き。
最近は、Twitterの方で呟くことが多いです。


検索フォーム


Copyright © Cinam@niac All Rights reserved.
Images by Night on the Planet  Designed by サリイ  |