FC2ブログ

This Category : 映画( な行 )

2001年宇宙の旅

2001年宇宙の旅
2001年宇宙の旅
posted with amazlet at 05.05.27
ワーナー・ホーム・ビデオ (2005/04/22)
売り上げランキング: 663
通常24時間以内に発送

SF映画の金字塔とも言えるこの作品。
完全主義者のキューブリックがこの世に残した傑作とも言われています。

完成当時、この試写会に参加した人の反応をこの目で確かめてみたくなりますね~♪
今まで体験した事もないモノに遭遇した時、人はそれぞれの過去の経験を基にしてソレを受け入れるか、受け入れないか判断するのだろうけど・・・・。

「これは一体何なんだ?」

そんな考えが試写会場を駆け巡ったのではないかと。


この作品を観た一番古い記憶は、恐らく小学生の頃にTVで観たものだと思うのですが、猿が投げた骨が宇宙船になったり、宇宙船の中でペンが浮いていたり、HALと人間とのスリリングな対決があったり・・・・
初めて体験する擬似宇宙空間、SFの世界をワクワクしながら観ていた覚えがあります。

でも、当時は小さかったため映画の放映が終わる頃まで起きていられず、父に起こされて目に映るのはスターチャイルド。


何がどーしてこーなったの??

みたいなw



あれから10数年・・・・・


いまだに、HALとのシーンが終わった後のシーンを観ると




なぜか寝てしまいます(汗)





そして、壮大なクラッシックの調べで目を覚まし、スターチャイルドを見るわけですね。


何回観ても、あのシーンに入ると寝てしまうのは、きっと何かのサブリミナル効果があるんじゃないかと思っています。



スポンサーサイト



COMMENT : 0
TrackBack : 0
CATEGORY : 映画( な行 ) |

ノックは無用

ノックは無用
ノックは無用
posted with amazlet at 05.05.27
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2002/08/02)
売り上げランキング: 28,886
通常4日間以内に発送

マリリンの初主役級の映画。
モノクロなんですよー。

モノクロで観る美人さんって、これまた格別なものがあります
(グレース・ケリーのあの美しさを一度でかいスクリーンで堪能したいものです


この作品の後に、有名な「ナイアガラ」「紳士は金髪がお好き」と言った作品が作られていったわけですが。
俗に言われている『オツムの弱いブロンド美人』の代名詞がつく前の貴重な一本ですね。それ以前の作品のように脇役ではないし。

はっきり言って、演技はまだまだ稚拙な感じがします。
初めての主役級な役を貰って、頑張っているのがわかる位に。

その後、マリリンが精神を病んでいった事を考えるとちょっと観ていて辛いものがあったりもしますが・・・・


初々しいマリリンを観たい方は、一度観てみるといいかもですね♪


COMMENT : 0
TrackBack : 0
CATEGORY : 映画( な行 ) |

28日後・・・

28日後...特別編
28日後...特別編
posted with amazlet at 05.05.27
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2005/04/28)
売り上げランキング: 1,170
通常24時間以内に発送

感染すると激しい怒りにかられ他のものに襲い掛かってしまうというウィルスがロンドンに蔓延。
絶望感溢れるバイオ系サバイバル・ホラー映画。

なんだそーですけど・・・・。

人の気配のなくなったロンドンの街中を主人公が「HELLO!」と呼びかけながら歩く辺り・・・。
冒頭は、これから起こる出来事を緊張感持って進んでいくんですが・・・・

途中から、その緊張感がプッツリと切れてしまいます。
(私としては、軍隊が出てきたあたりからかなぁ・・・)

そして緊張感切れたまま、ずるずるとエンディングへと・・・。


エンディングも、何だかなぁ・・・って感じで。


COMMENT : 0
TrackBack : 0
CATEGORY : 映画( な行 ) |

ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア

ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア
ジェネオン エンタテインメント (2000/03/24)
売り上げランキング: 40,975
在庫切れ

「天国じゃ、みんなが海の話をするんだぜ。」

死期の迫った二人の重病患者が、そうして病院を脱走して海へと車を走らせる。

盗んだ車がギャングのもので、トランクには大金が積まれていた事から二人はギャングに追われる羽目に。
必死に金を取り戻そうとするギャングのコンビはユーモラスで、マーティンとルディとのすれ違いぶりは笑わせてくれるし♪

タランティーノ作品を彷彿とさせる激しい銃撃戦があったりしても、撃たれて死んだり負傷したりする人は皆無!


そうして、物語のラスト。
作品全体を締めくくるように現れる、ギャングの大ボス役のルトガー・ハウアー!
(カッコいいこと、この上なしっ♪)
彼の、詩を読むような、長セリフの中で二人は海へと向かうわけです。


天国・海・・・・と言うと、穏やかな青い海を連想するのですが、
ラストで二人の見た海は、風がびゅーびゅー・波は大波。

風に吹かれながら、静かに海を見つめる二人はどんな思いだったんでしょう。

静かに静かに訪れた幕切れ。


心に深く残る作品です。

ぜひ、ご覧になってクダサイ。

Cinrm@niacのお勧めですっ♪

COMMENT : 0
TrackBack : 0
CATEGORY : 映画( な行 ) |

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking


カテゴリ

映画的雑談 (9)
DRAMAな映画 (30)
SF/FTな世界 (31)
活劇的映画 (9)
サスペンスな映画 (7)
ホラーな映画 (8)
笑える映画 (2)
古き良き時代の映画 (4)
ミュージカルな映画 (1)
ドキュメンタリーな映画 (2)
ビミョーな映画 (16)
なんじゃ、こりゃ…… (3)
ニコ動もあるよ (0)
映画( あ行 ) (12)
映画( か行 ) (8)
映画( さ行 ) (18)
映画( た行 ) (12)
映画( な行 ) (4)
映画( は行 ) (19)
映画( ま行 ) (6)
映画( ら行 ) (7)

現在、インポート後のカテゴリ編集中


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


BlogPeople


リンク

このブログをリンクに追加する


mini game


プロフィール

Ricca*

Author:Ricca*
映画大好き。
最近は、Twitterの方で呟くことが多いです。


検索フォーム


Copyright © Cinam@niac All Rights reserved.
Images by Night on the Planet  Designed by サリイ  |