FC2ブログ

This Category : 映画( さ行 )

呪狗女

juku.jpg

TV放送禁止シリーズ 呪狗女


「じゅくじょ」って、アンタw



しょーもねー、しょーもねー。「死霊の盆踊り」の方がまだおもしれーYO


怖い映画観たくて借りたのに、思い切り脱力させられましたw

突っ込み所満載っ!


「おいおい、このまま終わるんじゃねーだろーな」

と途中で何度言っただろーか。



TV放送禁止シリーズ って、


確かに、こんなの放送出来ねーYO!




今だ見つかっていない邦子に合掌。



。・゚・(ノ∀`)・゚・。300円返してよぅー。



COMMENT : 0
TrackBack : 0
CATEGORY : 映画( さ行 ) |

ゼイリブ

ゼイリブ
ゼイリブ
posted with amazlet at 05.05.27
ジェネオン エンタテインメント (2000/05/26)
売り上げランキング: 37,634
在庫切れ

んー。
こう言うB級映画って、実は好きなのだw

TVで何度か放映されていると思うから観た人も多いかも。

単純明快なストーリィ。
濃い主人公(笑)
主役を演じたロディ・パイパーはプロレスラーなんですってね。
どーりでいい体してると思ったわー。

でも、劇中のあのプロレス技の応酬のケンカはちょっとね・・・・。
長すぎっ。

物語の終結に向けての緊張感、予想しなかった結末。
これには満足満足♪

途中の「なんだこりゃ」と笑えてしまうような展開も、このラストで引き締まる。

さすが、ジョン・カーペンター監督。
押さえるツボをわかっていらっしゃる 


COMMENT : 0
TrackBack : 0
CATEGORY : 映画( さ行 ) |

十二人の怒れる男

十二人の怒れる男
見ず知らずの男達が、第一級犯罪、父親殺しの罪状で裁判を受けている一人の少年の陪審員として集まる。
6日間の裁判の後、陪審員室で審議をするのだが、11人の男は話し合いをするまでもなく「有罪」を叫ぶ。
その中で一人の男だけが、こう言う。

有罪かどうかわからない。話し合いましょう。

そして、討論は始まる。

うわー。
もぉ、何度見ても素晴らしい。
台詞一つを聞き逃したくない位に集中して見入ってしまう。
役者一人一人の表情がまた素晴らしい。

審議が終わって去っていく男達の姿。
そこには、「正義」などの大義名分ではなく、「真実」を見極めようとし自分達の役割を果たした男達のそれぞれの裁判所を後にしていく姿がカメラを引いて映し出されています。
今までが密室だった分、広い外の世界が印象的です。

今の時代じゃ、こんな上質な映画は作れないんだろうなぁ。
あの時代だから作れたんだろうなぁ。

映画が上質のベルベットみたいな時代。
スターがスターだった時代。

脚本の素晴らしさを十二分に発揮出来る俳優と監督の存在。


この作品は、ぜひ一度はご覧になって頂きたいですねー♪

追記( 9/26 )
劇中でお髭の男性の台詞に

陪審制度は民主主義の良い所だ。
だからこの国は強いんだ。
って言う感じのがありましたよね。


確かにあの頃のアメリカは強い国ってイメージがあったんだろうなぁ。
テロ前に見た時は何気なく聴いていた台詞だったんですが、妙に気になってしまった所です。

COMMENT : 1
TrackBack : 0
CATEGORY : 映画( さ行 ) |

the EYE【アイ】

the EYE (アイ) デラックス版
レントラックジャパン (2003/10/24)
売り上げランキング: 10,462
通常4日間以内に発送

角膜移植手術によって幽霊が見えるようになってしまった少女のお話。

ホラー映画なんだろうけど、怖くないです。
ちょっと「シックスセンス」っぽいかなぁ、とも思ってしまった。

怖いもの見たさの人には、ちょっと物足りないかもしれないですねー。

全体的にはまとまりのあるいい作品ではあると思いますが、「ボイス」の時にも書いたけど、どーも怖いシーンの演出の仕方がワンパターンと言うか・・・。
次に怖いシーンが来るぞ来るぞー、みたいに構える余裕を持たせちゃうんですよね。

それと、死んだ人を連れていく死神っぽいのが、昔、とんねるずがやってたもじもじ君みたいな全身タイツらしきものを着てたのがちょっと・・・・
(笑)

COMMENT : 0
TrackBack : 0
CATEGORY : 映画( さ行 ) |

スター・ウォーズ エピソード2 クローンの攻撃

スター・ウォーズ エピソード2 クローンの攻撃
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2002/12/06)
売り上げランキング: 685
通常5日間以内に発送

カミーノアンがお気に入りっ
特に、トーン・ウィ。
美しいー(うっとり)
フィギュア、欲しーいっ
(12月にフィギュアはGETしました♪)

アナキンとアミダラのデートシーンは、ふた昔前位の恋愛モノみたいで(例えば、吉永小百合さんが三つ編みしてた頃位の)観てるこっちが気恥ずかしくなっちまったよぅー

スターウォーズ展に行って登場人物の着ていた衣装なんかを見たんだけど、アミダラが処刑のシーンで着ていた白い服・・・・。
それを見た時に一緒に行った彼と同時に呟いた言葉が

「全身股引タイツっ!!!」


私らって、ほんと、しょーもないカップルだと思いましたw


スターウォーズは、やっぱりルークやレイア姫、ハン・ソロ、チューバッカが活躍してる作品の方が好きだなぁ。

COMMENT : 0
TrackBack : 0
CATEGORY : 映画( さ行 ) |

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking


カテゴリ

映画的雑談 (9)
DRAMAな映画 (30)
SF/FTな世界 (31)
活劇的映画 (9)
サスペンスな映画 (7)
ホラーな映画 (8)
笑える映画 (2)
古き良き時代の映画 (4)
ミュージカルな映画 (1)
ドキュメンタリーな映画 (2)
ビミョーな映画 (16)
なんじゃ、こりゃ…… (3)
ニコ動もあるよ (0)
映画( あ行 ) (12)
映画( か行 ) (8)
映画( さ行 ) (18)
映画( た行 ) (12)
映画( な行 ) (4)
映画( は行 ) (19)
映画( ま行 ) (6)
映画( ら行 ) (7)

現在、インポート後のカテゴリ編集中


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


BlogPeople


リンク

このブログをリンクに追加する


mini game


プロフィール

Ricca*

Author:Ricca*
映画大好き。
最近は、Twitterの方で呟くことが多いです。


検索フォーム


Copyright © Cinam@niac All Rights reserved.
Images by Night on the Planet  Designed by サリイ  |