FC2ブログ

This Category : DRAMAな映画

グラントリノ

 
グラン・トリノ [DVD]

俺は迷っていた、人生の締めくくり方を。
少年は知らなかった、人生の始め方を。


朝鮮戦争の従軍経験を持つ元自動車工ウォルト・コワルスキーは、妻に先立たれ、愛車“グラン・トリノ”や愛犬と孤独に暮らすだけの日々を送っていた。そんな彼の隣家にモン族の少年タオの一家が越してくる。ある事件をきっかけにして心を通わせ始めたウォルトとタオだったが、タオを仲間に引き入れようとする不良グループが2人の関係を脅かし始め……。


「いい映画を観に行こう」
と、旦那に連れていかれたのが、この作品。

名優であり、名監督でもあるクリント・イーストウッドが俳優最後の舞台として選んだ作品。

映画の冒頭から、イーストウッド演じるウォルトの人柄と彼を取り巻く関係が把握出来るのは流石。
頑固な爺さんと世間を繋ぐパイプになっていた妻が亡くなったときから、彼の孤独は始まり、そして、新しい人と人との繋がりの始めとなっていった。

映画が始まってからの、モン族との交流には多少の違和感を感じてしまう。
――しかし、それがタオやスーと言葉を交わしていくうちに少しずつ心の垣根が取り払われていく。

これは、ウォルトの心の変化を同じように観客が体験出来るように計算ずくで演出されたものではないかと思ってしまうほどだ。

近所の奥さんがスーパーで買い込んだ品物を舗道に撒き散らしてしまったときも、道路の反対側でベンチに座って「やれやれ」顔でビール片手に見ていたウォルト。

アメリカ人の若者たちは、おばさんが転がった果物を拾う様を笑って通り過ぎるだけ。
その後に通りかかったタオが舗道に散らばった荷物を拾い始めるのを見て、ウォルトは少し驚いたようにも困ったようにも見える顔をする。

ウォルトは気づいたのだろう。
種族によって、人を分け隔てるものではないのだと。

タオやスーを通じて、人々と触れ合っていくウォルト。
各所に微笑ましい場面をまじえながらも、悲しい結末へと物語は進行していく。


武力や暴力に対して、人はどう対抗していけばいいのか。
武力に武力で抵抗しては、何も生まれるものはない。――戦争を体験してきたウォルトにはそれが痛いほどにわかっていたのだろう。

そして、自分が守りたいと思った若者に「未来」を贈るためにウォルトがとった行動。
それは、余りにも悲しく、限りないほどにやさしく気高いものだった。

銃弾を浴び、地面に倒れたウォルトのその姿は、十字架に磔にあったキリストの姿を彷彿とさせる。


オーダーメイドのスーツが、自分の葬儀用に作られたものだとわかり、そこでまた涙がボロボロでした。


エンドロールではタオがGFを助手席に乗せ、眩しい陽の光の下の海岸沿いをグラントリノで走っていく。

人は人として何を残していけるのか……。
明るい未来の中、すでに自分はそこにはいなくても、残された人の中に確かに存在し続ける……。

そんな生き方をしたいと考えさせられる映画でした。



お勧め度
★★★★★

スポンサーサイト



COMMENT : 2
TrackBack : 1
CATEGORY : DRAMAな映画 | THEME : ★おすすめ映画★ | GENRE : 映画 |

東京タワー オカンとボクと、時々、オトン

東京タワー オカンとボクと、時々、オトン(2枚組) [DVD]

オカン、ありがとうね。

 1960年代。3歳のボク(オダギリジョー)は、真夜中に玄関の戸を蹴破って帰ってきた酔っぱらいのオトン(小林薫)にいきなり焼き鳥の串を食べさせられてしまう。オトンに手を焼いたオカン(樹木希林)はボクを筑豊の実家に連れ帰り、妹の“ブーブおばさん”の小料理屋を手伝いながら、女手一つでボクを育て始めるのだった。(シネマトゥディより)

樹木希林の実娘である内田也哉子が、オカンの若い頃をやるというのに興味がありました。

娘さんというだけあって、声や仕草、表情が似てるなーといった場面も見られたのですが、やはり樹木希林のあの個性的な部分がなく物足りなかったかも。

ボクが大学生になった途端に、子役・母親役共にバトンタッチになったので、高校卒業から大学入学の短い間にこの二人に一体何があったんだ?みたいな違和感があります。
(まぁ、ここは大目に見る所ですね)

場面場面のそこかしこに、「あら、こんな人が」みたいな感じで出演している俳優さんがいるので、それを観るのも楽しみの一つかも。

主役はオダギリジョーなんだろうけど、オカンの存在感が圧倒的でした。母は強し。
子供にとって、母親って『絶対死なない、いつまでも傍にいてくれる存在』なんじゃないかと思う。
惜しみない愛情を自分に注いでくれる存在。

ボクがオカンの手を引いて、横断歩道を歩くシーンが良かったです。

オトンがオカンの病室に泊まる夜に、ボクが「愛する人に」と二人の思い出の曲をおくるシーンも良かったです。

『時々、オトン』は、ボクと妻の口癖が一緒になっている事に気がついて「毛が生えてきた」と、二人にそれぞれに言うのだけれど。あの台詞が、ボクとオカンの中に入っていけない寂しさみたいなのを表現していたんじゃないかなぁと思いました。

「泣かせる映画にしたくない」という製作者サイドの声の通り、お涙ちょうだいものの作品ではありません。
話は淡々と過去と現在を混ぜ合わせながら進んでいきます。

そして最後近くに、現在の進行に落ち着いた時に「あぁ、もうすぐオカンが死んじゃうんだ」と実感するんですよね。

辛い抗がん剤治療で初めて「やめたいです」と弱音を吐くオカン。
辛かっただろうと思う。
「やり遂げる事」を大切にしてきたオカンだから。
息子が大学を卒業した事、自分がそれを縁の下から支えてあげ続けてきた事を自慢にしていたオカンだから尚更。
ボクが大学留年すると電話してきた時に
「何で頑張れなかったんだろうねぇ」と何度も呟いていたオカンだからこそ。
あの「やめたいです」の一言は重かった。

その辛さを見ているから「頑張ったね」って言えるんだなぁって。オカンは「頑張る事」がどれだけ辛い事なのか、大切な事なのかをボクに身をもって教えてくれたんだと思う。



『親孝行、したい時に親はなし』

こんな風にならないよう、帰ったら母親と他愛のない話でもしてみよう。

母の日も、もうすぐな桜満開の日に。

COMMENT : 0
TrackBack : 0
CATEGORY : DRAMAな映画 | THEME : 邦画 | GENRE : 映画 |

バッテリー(2007)

バッテリー [DVD]

いまだからこそ、できることがある。

野球にすべてを賭け、自分のピッチャーとしての才能に絶対の自信を持っている原田巧(林遣都)は、中学入学を控えた春休みに岡山県境の地方都市に引越す。引越し早々、巧はキャッチャーの永倉豪(山田健太)と出会い、バッテリーを組むことを熱望されるが、二人が入部した新田東中学の野球部は、監督に徹底的に管理されていた。(シネマトゥディより)

久々に劇場行ってきました。
原作を未読なんでついていけるかなーと思っていたのですが、無問題でした。

舞台になった岡山の町並みが良かったですね~。
巧役の林遣都くんは、写真で見るよりもスクリーンで観る方が映えます。目力のある子ですわ
豪役の山田健太くんは、笑顔が(・∀・)イイ!
ほんと、キャッチャーにいそうな子でした(笑)

原作ではもっと絡んでくるのかわからないが、 矢島繭の映画での存在がよぉわかりませんでした。
長電話かけてくる割に、それ以降はあっさりとした登場。
母親も「八つ当たり」発言じゃあ巧くんが可愛そうすぎ。
(´;ω;`)

巧くんを「羽をもがれたトンボ」と例え、ラストの門脇君との対決での巧くんのアップでトンボを飛ばせた所が、彼の成長をうまく演出してましたd(・ω・*)ネッ゚.+:


しかし、あの相手校の6番は中学生には見えんぞw
最初出た時、コーチかと思ったわ。

COMMENT : 0
TrackBack : 0
CATEGORY : DRAMAな映画 | THEME : 邦画 | GENRE : 映画 |

花とアリス

花とアリス 特別版

君、だれ?

おてんば娘アリスと、一見おとなしい少女ハナ。中学卒業を控えた2人は同じバレエ教室に通う親友。ハナは高校生の宮本に秘かな想いを寄せていた。宮本を尾行し隠れて写真を撮りまくるハナ。やがて彼女とアリスは宮本と同じ高校へ進学し、ハナは宮本と同じ落研に入部する。“寿限無”の完全制覇に余念がない宮本は、ある日いつものように歩きながら落語の本を読んでいると、シャッターに頭をぶつけ転倒してしまう。後をつけていたハナは慌てて駆け寄るが、宮本が記憶喪失らしいと知ると、とっさに恋人のフリをしてしまう。一方、アリスは街でタレント事務所にスカウトされるのだが…。( allcinema ONLINEより )


最近、何だか邦画をよく観ている私です。

岩井俊二監督の作品は、妙に芝居がかった所がないのがいいですねー。
等身大の生き方が見えてくる感じがします。

それなのに、セリフも音楽も、スクリーンの中の世界。と言うのがきっちりとボーダーラインを引かれて存在すると言うか…。

アリスは先輩を、離婚して今は別れて暮らしている父親と重ねていたのでしょうね。

蒼井優ちゃんは、スクリーン映えのする女優さんに育っているなぁと感心しきり。
バレエ教室での写真撮影でのM字にドキドキ(笑)

鈴木杏ちゃんは…
雨の中で、アリスに事の真相を話しているシーンで腕を組んでいる姿が、どうにもこうにも杉田かおるで(滝汗)

宮本先輩は、何とも優柔不断でクラゲのような印象しか持てなかった。

いつも文庫本を読んでいる先輩の姿に、花は「線の細い文学青年」を見てしまったのか。
それが、先輩に接近するにつれ読んでいた本が「寿限無」だとわかっても、先輩を追って落研に入ったりするのは、あの頃の年代の恋のパワーなのよねー(*ノωノ)キャッ

何かを訴えかけるといったメッセージ性の強い映画じゃあないんだけど、登場人物と同じ時間を共有しているような、そんな不思議な流れのある作品でした。

COMMENT : 0
TrackBack : 0
CATEGORY : DRAMAな映画 | THEME : 邦画 | GENRE : 映画 |

下妻物語 ( 2004 )

下妻物語 スペシャル・エディション 〈2枚組〉

公開時コピー
わたし根性ねじまがってまーす

桃子とイチゴの、
あまくない友情!?


茨城県・下妻に住み、ぶりぶりのロリータ・ファッションに身を包んだ少女・桃子(深田恭子)がヤンキーのイチゴ(土屋アンナ)と出会い、数々の騒動に巻き込まれながらも強力な生き様を貫く、嶽本野ばら原作のハイパーパワフルな乙女たちの純情物語。

今更ですが、やっと観ました。
「下妻物語」

仕事で疲れがたまってたんで、パァーっと楽しめるよな映画が観たいなぁ、と思いまして。

そしたら、あなた。

「こう見えても、感動巨編なんですぅ」

思わず、胸キュンでホロリときちゃったじゃないデスか。

中学時代、虐められていたイチゴにとって、学校や周りから浮きまくっても自分の信念を貫き通す桃子が「すげぇ」存在だと思っていたんだろうね。
そして、一人でいる事が心地良かった桃子が、イチゴや仕事を任される事で徐々に変化していくのも観ていて面白い。


「逢いたいよ、イチゴ」
「行くよ、行ってやるよ。どこへだってよ」
(イチゴのセリフの最後、ちとうろ覚え)

このシーンが一番好きだなぁ(〃▽〃)

Tommy heavenly6の挿入歌もシーンをすごく惹き立てていて゚.+:。(・ω・)b゚.+:。グッ
Hey my friend(CCCD)

サントラも面白そうだから、機会があったら聴いてみましょ♪
下妻物語オリジナル・サウンドトラック(CCCD)
サントラ Dany Vasnier Valerie Hohn
DefSTAR RECORDS (2004/05/26)
売り上げランキング: 59115
おすすめ度の平均: 3.5
1 公式サントラなのに、主題歌が入っていない!
5 聴けば下妻ワールドに浸れます
4 映画をみた人にはお勧め


荒川良々は、「真夜中の弥次さん喜多さん」で大量増殖したのを観てから、どうも苦手ですわ(汗)

COMMENT : 0
TrackBack : 0
CATEGORY : DRAMAな映画 | THEME : 邦画 | GENRE : 映画 |

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking


カテゴリ

映画的雑談 (9)
DRAMAな映画 (30)
SF/FTな世界 (31)
活劇的映画 (9)
サスペンスな映画 (7)
ホラーな映画 (8)
笑える映画 (2)
古き良き時代の映画 (4)
ミュージカルな映画 (1)
ドキュメンタリーな映画 (2)
ビミョーな映画 (16)
なんじゃ、こりゃ…… (3)
ニコ動もあるよ (0)
映画( あ行 ) (12)
映画( か行 ) (8)
映画( さ行 ) (18)
映画( た行 ) (12)
映画( な行 ) (4)
映画( は行 ) (19)
映画( ま行 ) (6)
映画( ら行 ) (7)

現在、インポート後のカテゴリ編集中


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


BlogPeople


リンク

このブログをリンクに追加する


mini game


プロフィール

Ricca*

Author:Ricca*
映画大好き。
最近は、Twitterの方で呟くことが多いです。


検索フォーム


Copyright © Cinam@niac All Rights reserved.
Images by Night on the Planet  Designed by サリイ  |