FC2ブログ

THIS IS IT マイケル・ジャクソン

マイケル・ジャクソンの未公開リハーサルシーンを盛り込んだ話題の映画

THIS IS IT

福島にも来るー
(*´;ェ;`*) よかったぁあああああああ

2週間の期限限定だから、毎日混みそうな予感

絶対観に行くぞぉーo(*≧∇≦)ノ


映画の公式サイトはコチラ
http://www.thisisit-movie.jp/

予告編見て、涙出てしまった。
スポンサーサイト



COMMENT : 3
TrackBack : 1
CATEGORY : 映画的雑談 | THEME : 映画情報 | GENRE : 映画 |

グラントリノ

 
グラン・トリノ [DVD]

俺は迷っていた、人生の締めくくり方を。
少年は知らなかった、人生の始め方を。


朝鮮戦争の従軍経験を持つ元自動車工ウォルト・コワルスキーは、妻に先立たれ、愛車“グラン・トリノ”や愛犬と孤独に暮らすだけの日々を送っていた。そんな彼の隣家にモン族の少年タオの一家が越してくる。ある事件をきっかけにして心を通わせ始めたウォルトとタオだったが、タオを仲間に引き入れようとする不良グループが2人の関係を脅かし始め……。


「いい映画を観に行こう」
と、旦那に連れていかれたのが、この作品。

名優であり、名監督でもあるクリント・イーストウッドが俳優最後の舞台として選んだ作品。

映画の冒頭から、イーストウッド演じるウォルトの人柄と彼を取り巻く関係が把握出来るのは流石。
頑固な爺さんと世間を繋ぐパイプになっていた妻が亡くなったときから、彼の孤独は始まり、そして、新しい人と人との繋がりの始めとなっていった。

映画が始まってからの、モン族との交流には多少の違和感を感じてしまう。
――しかし、それがタオやスーと言葉を交わしていくうちに少しずつ心の垣根が取り払われていく。

これは、ウォルトの心の変化を同じように観客が体験出来るように計算ずくで演出されたものではないかと思ってしまうほどだ。

近所の奥さんがスーパーで買い込んだ品物を舗道に撒き散らしてしまったときも、道路の反対側でベンチに座って「やれやれ」顔でビール片手に見ていたウォルト。

アメリカ人の若者たちは、おばさんが転がった果物を拾う様を笑って通り過ぎるだけ。
その後に通りかかったタオが舗道に散らばった荷物を拾い始めるのを見て、ウォルトは少し驚いたようにも困ったようにも見える顔をする。

ウォルトは気づいたのだろう。
種族によって、人を分け隔てるものではないのだと。

タオやスーを通じて、人々と触れ合っていくウォルト。
各所に微笑ましい場面をまじえながらも、悲しい結末へと物語は進行していく。


武力や暴力に対して、人はどう対抗していけばいいのか。
武力に武力で抵抗しては、何も生まれるものはない。――戦争を体験してきたウォルトにはそれが痛いほどにわかっていたのだろう。

そして、自分が守りたいと思った若者に「未来」を贈るためにウォルトがとった行動。
それは、余りにも悲しく、限りないほどにやさしく気高いものだった。

銃弾を浴び、地面に倒れたウォルトのその姿は、十字架に磔にあったキリストの姿を彷彿とさせる。


オーダーメイドのスーツが、自分の葬儀用に作られたものだとわかり、そこでまた涙がボロボロでした。


エンドロールではタオがGFを助手席に乗せ、眩しい陽の光の下の海岸沿いをグラントリノで走っていく。

人は人として何を残していけるのか……。
明るい未来の中、すでに自分はそこにはいなくても、残された人の中に確かに存在し続ける……。

そんな生き方をしたいと考えさせられる映画でした。



お勧め度
★★★★★

COMMENT : 2
TrackBack : 1
CATEGORY : DRAMAな映画 | THEME : ★おすすめ映画★ | GENRE : 映画 |

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 (2007)

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 (1枚組) [DVD]

ホグワーツ魔法魔術学校の5年生になったハリー(ダニエル・ラドクリフ)は、最近、ヴォルデモート卿のうわさを聞かないことに気付く。そんな折、魔法省は学校にお目付役として新しく防衛術を教える教師を送り込む。その授業を不満に思ったハリーは親友のハーマイオニー(エマ・ワトソン)らと“ダンブルドア軍団”を結成する。(シネマトゥデイより)


昨日、雨ざーざーと降りしきる中観てまいりました。
原作未読です。2冊セット・フィルムでびっちり梱包になって販売するようになってからのハリー・ポッターは読んでおりませんのですよ。

原作を読んでいないと話がわからなくなるかなぁと言う心配はあったのですが…。
何しろ前回・前々回の作品が「えー?この部分外しちゃうの?」って所が特に多かったもので。

でも、原作未読でも十分に楽しめました。
むしろ原作読んでいない方がいいのかも?
ストーリィ的にもうまくまとめてあったと思います。
最後のダンブルドアとヴォルの対決シーンは迫力あったし。
ダンブルドアがヨーダのようだ(ゲフンゲフン)

ただ、やっぱり所々にある説明不足の点は「原作読んで補ってね」な部分が多いのは確かですね。
上下巻の長さの物をあれだけの時間にまとめるのですから、仕方ない事だとは思いつつも、「死を見た人にしか見えないセストラル」に乗って空を飛ぶ事になってしまったロンやハーマイオニの恐怖っぷりはいかばかりか、と(笑)
(原作ではちゃんと書かれているようですが)

今回は冒頭から「あらあら、大きくなっちゃって、まぁ」な近所のおばさん的目線から映画が始まった事もあって、学生陣の成長が気になったりもしたのですが。

大丈夫(○'∀'o)ъ
「バッテリー」でも、あの6番が中学生演じていたしw

ハリーが寝てうなされるシーンでは、ヒゲが結構生えてたみたいだけれど(*'艸')
早く最終章まで撮らないといかんでしょうねー。
ハリーの顎がこれ以上割れてきたら大変だw


とにかく。

今回の作品のチェックすべき点は、


若かりし頃のスネイプの体育座り


これに尽きると思う私なのでした。



名前の言えないあの人は、蛇というより亀になってきている気がする私(こっそり)
COMMENT : 0
TrackBack : 0
CATEGORY : SF/FTな世界 | THEME : 映画館で観た映画 | GENRE : 映画 |

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking


カテゴリ

映画的雑談 (9)
DRAMAな映画 (30)
SF/FTな世界 (31)
活劇的映画 (9)
サスペンスな映画 (7)
ホラーな映画 (8)
笑える映画 (2)
古き良き時代の映画 (4)
ミュージカルな映画 (1)
ドキュメンタリーな映画 (2)
ビミョーな映画 (16)
なんじゃ、こりゃ…… (3)
ニコ動もあるよ (0)
映画( あ行 ) (12)
映画( か行 ) (8)
映画( さ行 ) (18)
映画( た行 ) (12)
映画( な行 ) (4)
映画( は行 ) (19)
映画( ま行 ) (6)
映画( ら行 ) (7)

現在、インポート後のカテゴリ編集中


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


BlogPeople


リンク

このブログをリンクに追加する


mini game


プロフィール

Ricca*

Author:Ricca*
映画大好き。
最近は、Twitterの方で呟くことが多いです。


検索フォーム


Copyright © Cinam@niac All Rights reserved.
Images by Night on the Planet  Designed by サリイ  |